当院について

院長挨拶


病院経営理念

院長 笠毛静也

“いつも笑顔でまごころで”を合言葉に職員一同患者さんの目線に立っていつも診療するように心がけています。

また、病気は夜間休日を問わずいつでも発生しますので、できるだけ時間がでも診察します。
急性期から在宅医療まで幅広い医療を提供します。


診療する病気や症状


特殊外来

院長の経歴

笠毛静也(カサモシズヤ)

昭和28年 鹿児島市下田町生まれ
昭和47年 鹿児島玉龍高校卒業
昭和53年 鹿児島大学医学部卒業して、脳神経外科医局へ入局
昭和59年 脳神経外科専門医取得
昭和61年 医学博士の学位取得
昭和62年 鹿児島大学脳神経外科講師
平成元年 ドイツDueseldorf大学留学
平成3年 鹿児島大学脳神経外科医局長
平成6年 田上病院脳神経外科部長
平成8年 加治木大井病院脳外科部長
平成11年 国分脳神経外科開業

現在までの脳手術例は2000例を超えています。

院長の趣味・特技

単身赴任中にメタボ対策で始めたジョギング・マラソンが趣味となり、これまで230回も各種のマラソン大会に出て、フルマラソン61回、100kmウルトラマラソンも17回完走しました。ゴルフも好きですが、上手くはありません。ビールやワインが好きです。